コレステロール

相性がいいイソフラボンとコラーゲン

イソフラボンの働きとして、全身のコラーゲンを作る、という作用があります。
女性ホルモンが減少すると、体内でコラーゲンの合成があまり活発に行なわれなくなるため、皮膚がたるんでしまったり体型が崩れたりしてしまいます。
皮膚のメラニンが減るとシワやシミができやすくなります。

血管はコラーゲンで守られているため、コラーゲンが減ると血管が硬くもろくなってしまいます。
…と、このように、女性ホルモンのエストロゲンが減ると、コラーゲンの生成が抑制されてしまい、こんなにもたくさんの被害が及んでしまうんですね。
逆に言うなら、イソフラボンでエストロゲンの不足を補うと、体内でのコラーゲンの合成が活発になり、皮膚の美容や血管の健康にも益が及ぶのです。

それで、サプリメントを飲む場合、イソフラボンとコラーゲンの組み合わせはとても理想的なんですね。
イソフラボンを摂取して体内でのコラーゲン合成を助け、そこにコラーゲンの材料となるものがいてくれる…、そうすれば、2つの総合作用により、美容と健康は促進されます。
イソフラボンやコラーゲンは比較的身近な食材から取り入れることができます。
献立を立てるのが面倒だったり、毎日食材から取り入れるのが困難ならサプリメントを使用するのもよいですね。
どちらも比較的安価で手に入りやすいサプリメントとなっています。

このページの先頭へ