コレステロール

イソフラボンと更年期障害

女性は閉経を迎える頃になると、女性ホルモンの分泌が減少してきます。
すると更年期障害といって、ほてったりイライラしたり、突然汗をかいたりと、不快な症状に襲われることがあります。
現れる症状や強さは人それぞれで、まったく気にならない人もいれば、日常生活に支障をきたしてしまうほどひどい場合もあります。

どうしてこのような症状が出るのでしょうか?それは、自律神経(体の温度調整などを司っている神経)の司令部と、女性ホルモン分泌の司令部が同じだからです。
更年期になり、女性ホルモンの分泌が減ると、司令部(視床下部)はさらに指令を出します。
それでもホルモンが出ないと、視床下部はついに疲れてしまい、自律神経を司ることができなくなってしまうのです。

その結果、思いもよらないときに発汗したり、寒いのにほてったりしてしまうのです。
そこで、体内で女性ホルモンのように働いてくれるイソフラボンを摂取することで、視床下部を疲れさせないように助けることができるのです。
視床下部は普段どおり自律神経を操れるので、更年期障害に寄る不快な症状をある程度軽減することができるのです。
毎日大豆製品を食べるのはたいへんかもしれませんが、サプリメントなら手軽に摂取することができますね。

このページの先頭へ